このサイトでは、ブラウザのサポートが制限されています。 Edge、Chrome、Safari、またはFirefoxに切り替えることをお勧めします。

シカゴの土曜日: ブランネン デー

フルート センター シカゴ プレゼンツ

シカゴの土曜日: ブランネン デー

をフィーチャー エマ・ガーシュタインによるマスタークラス

FC シカゴでのライブ | 27 月 2 日土曜日 | 午後 XNUMX 時 (中部標準時)

  • 午前 11 時から午後 6 時まで開催される Brannen ショーケースで、あなたにぴったりのフルートを見つけましょう。
  • シカゴ交響楽団の2番目のフルート奏者、エマ・ガーシュタインによるライブマスタークラスが午後XNUMX時から開催されます。
  • マスタークラスの直後のブランネン氏による Q&A セッション。

無料の監査員チケットを入手してください。

マスタークラスへの出演を申し込んでください。

--

エマ・ガーシュタインはシカゴ交響楽団の第2017フルート奏者です。彼女は2016年に音楽監督リッカルド・ムーティによってこの役職に任命されました。シカゴ交響楽団に任命される前は、リッカルド・ムーティとのXNUMX年アジアツアーでの演奏を含め、何度か客演としてシカゴ交響楽団に出演していました。シカゴ交響楽団に入団する前は、ニュージーランドのオークランド・フィルハーモニア管弦楽団の首席フルート奏者を務めていました。また、ニューワールド交響楽団のフルートフェロー、ケンタッキー州のレキシントン・フィルハーモニック管弦楽団の首席フルート奏者でもありました。これまでにニューヨーク・フィルハーモニック、ロサンゼルス・フィルハーモニック、ミルウォーキー交響楽団、シアトル交響楽団と共演しています。
オーケストラでの演奏以外では、CSO の常駐作曲家がキュレーションした現代作品を特集するシリーズ「CSO MusicNow」、CSO 室内楽シリーズ、幼児や家族向けのコンサート シリーズ「Once Upon A Symphony」など、小規模な舞台での演奏を楽しんでいます。ガースタインは、シビック オーケストラの生徒のフルート コーチも務めています。


「特に美しい作品」(シカゴ・リーダー誌)で知られるエマは、室内楽奏者およびソリストとして活躍しており、最近ではレキシントン・フィルハーモニックとパキート・ドリヴェラのフルート協奏曲「グラン・ダンソン」に出演しました。ガースタインは、エイス・ブラックバード、シカゴ室内楽団、デンプスター・ストリート・プロ・ムジカ、シヴィタス、スペクトラル・カルテットと共演しています。2020年春、ガースタインはオーストラリアに戻り、ハープ奏者のエミリー・グレンジャーとさらにコンサートを行います。


シカゴのハイドパーク地区出身のガースタインは、8 歳のときにスーザン・レヴィティンに師事してフルートの勉強を始め、シカゴ青少年交響楽団のメンバーでした。その後、マンハッタン音楽学校でロバート・ランジュバンに、インディアナ大学でトーマス・ロベルテッロに師事し、アスペン、スポレート USA、サラソタ、オーフォード、カブリロの各フェスティバルに参加しました。
ガースタイン氏はルーズベルト大学で教鞭を執っており、ケンタッキー大学、オークランド大学、ノースウェスタン大学、インディアナ大学、オーストラリア国立音楽アカデミーでマスタークラスを開催したほか、シカゴ・フルート・クラブやユタ・フルート協会のゲストとしても活躍しています。


コメントを書く

コメントは、公開前に承認される必要があります。

カート

これ以上購入できる製品はありません

あなたのカートは空です